只今サイト復旧中

K-05三浦・岩礁のみち・その2【親子で歩く関東ふれあいの道】

親子で歩く関東ふれあいの道・第5回目に行って来た。

毎月1回は歩くつもりだったが、先々月はムスメちゃんが発熱、先月は悪天候と重なり、前回から2ヶ月も空いてしまった。

まだまだ長い道のり、こんなことも多々あると思うが、安全第一でのんびりと歩こう。

 

さて、前回からやっと関東ふれあいの道の本コース「三浦・岩礁のみち」に入ったが、三浦半島の険しい岩礁帯に阻まれて残念ながら途中でリタイアした。

関連記事

ムスメちゃんと、親子で歩く関東ふれあいの道4回目に行って来た。 前日に仕事で帰宅が遅くなり、すべての準備が出来ずに就寝してしまった。当然、朝からバタバタとザックに荷物を詰め込んで、慌ただしく家を出た。こんな時は、やはり色々なところが抜けて[…]

なだらかで歩きやすい岩場

京浜急行バス毘沙門バス停

この日は、前回リタイア地点である慈雲寺の前にある京急「毘沙門」バス停からスタート。「三浦・岩礁のみち」の続きを歩いていく。

ダイコン畑の中を歩く

ダイコン畑の中を歩く。

9月も終わろうかというのに強い日射しが照りつけ、歩き始めて間もないというのに、すでに汗ダクである。

しかしこの日1番の敵は、この暑さではなかったのだ…。

撮影ポイント「盗人狩」を目指す

関東ふれあいの道には、各都県ごとにコースの走破認定証というのがある。コース内に定められた撮影ポイントの写真と感想文を全コース分送ると、走破認定証がもらえるのだ。

「三浦・岩礁のみち」コースの撮影ポイントは、岩礁帯にある「盗人狩」と呼ばれる断崖絶壁だ。ここで自分達も入れて撮影するのが、今日の課題となる。

ムスメちゃん曰くオバケみたいな雲

畑の向こうの空に、ムスメちゃん曰く、オバケみたいな雲が浮かぶ。

ちょっと入るのが躊躇われる門構えの白浜毘沙門天

畑を抜けて、今日の最初の目標地点である白浜毘沙門天に到着した。白浜毘沙門天は、三浦七福神の一つで毘沙門様を祀っている。

ちょっと入るのが躊躇われる門構えであるが、勇気をだしてムスメちゃんの手を引きながら中に入ると…。

アカテガニ

境内にはあちこちにカニが。この辺りはアカテガニが生息することで有名な小網代の森がある。ここにいてもおかしくはない。

境内にあった案内板はサビだらけで、残念ながらあまり管理が行き届いていないようだった。しかし、生き物たちにとっては楽園なのかもしれない。

 

白浜毘沙門天を出て、海に向かって歩く。

アオダイショウの幼体かな

アオダイショウの幼体だろうか?車にひかれてしまったらしい。

このまま車が通るたびに潰されていくのは忍びないので、土に帰れるよう道の端に寄せてあげた。

 

海に出ると、ちょっと気になる潮の流れである。写真からは伝わりづらいが、波が結構激しい。

海を見ながらお昼にした

とりあえず、海を見ながらお弁当にしたが、海の様子が気になる。腹ごしらえはさっさと済ませて、とにかく先を目指すことにした。

イガオナモミ

しかし、そんな時に限ってこんなものを見つけてしまう。オオオナモミかと思いきや、イガオナモミのようだ。

オナモミをスローイング

オナモミがあったら、やっぱり誰かに投げたくなってしまうのが世の常、人の常。

オナモミがあったら、やっぱり誰かに投げたくなってしまう。

ムスメちゃんに喰らわせたオナモミ爆弾が、倍になって帰ってきた。

イガオナモミの名は伊達じゃなく、掴むとかなり痛むので、気を付けて投げ合いをしよう。

貝殻だらけの浜でビーチコーミング

浜を歩けば、こんなにキレイな貝殻だらけの浜である。

ついつい、ビーチコーミングしてしまい、またまた時間を使ってしまう。

 

毘沙門洞窟弥生時代住居阯群

道草の誘惑を断ち切って、やっと辿り着いた毘沙門洞窟弥生時代住居阯群。

鬱蒼としすぎていて、案内板には近づくことができない。

飛び石のような道

毘沙門洞窟弥生時代住居阯群からちょっと進むと、子供にはちょっと危険なポイントがある。毘沙門湾の手前あたりである。

上の写真は、さっさと渡りきってから振り返って撮影したので、進行方向とは逆の写真になっている。

大人にはちょっとスリルのあるアトラクション程度だが、子連れの場合には注意が必要場所だ。

 

さて、この辺りから潮がかなりマズイ感じがしてきたので、今更ながらネットで潮時表を確認した。

今のペースで行くと、盗人狩到着が満潮の1時間前となる。これはよろしくない。

そして、潮に加えて、風までも強くなってきている。これもよろしくない。

またしても「リタイア」の4文字が顔を覗かせる。

 

一応見るだけ見てみようと、毘沙門湾から岩礁帯に入ると、岩に当たって砕ける波の勢いが、先程までより明らかに激しい。

磯の先では波をカブる釣り人も数人確認できた。さらに、引き返してくる人も多い。

その1人に声をかけてみると「行けなくはないけど、ウネリがスゴいよ」とのことだった。

 

ムスメちゃんとの関東ふれあいの道で一番大切なのは、安全であること。

本日の道はここで終了することにした。2時間43分・約4.9km。

 

今回は潮の確認をしていなかったミスが痛かった。ムスメちゃんと歩く時間は楽しかったけれど、反省点が大きすぎるなぁ。

次こそ「三浦・岩礁のみち」をゴールしたい。

毘沙門湾付近に暮らす岩礁のいきもの

最後に、毘沙門湾で見つけた三浦半島で出会える生き物達の案内板。

本日の関東ふれあいの道

K-05三浦・岩礁のみち・その2【親子で歩く関東ふれあいの道】

11:27 毘沙門バス停スタート ~ 14:11 毘沙門天入口バス停ゴール

距離:約4.9km

時間:2時間43分

これまでに二人で歩いた距離:約34.1km

これまでに二人で歩いた時間:24時間11分

※以前書いた記事に加筆・修正してアップしています。

関連記事

ムスメちゃんと親子で関東ふれあいの道を歩いてきた。今回で第6回目である。 前回は潮汐表の確認を怠ったために、岩礁帯通過が大潮の満潮と重なってしまった。波と風に危険を感じたので、盗人狩の手前であえなく断念することになった。 親子ハ[…]

盗人狩に到着

生き物情報が満載のWEB図鑑「レヂヲのいきもの図鑑」を見に行く!

海を見ながらお昼にした
最新情報をチェックしよう!
>いきものぬりえずかんキッズ

いきものぬりえずかんキッズ

「レヂヲのいきものぬりえずかんキッズ」では、いきものぬりえが無料でダウンロードできます。

CTR IMG